初心者でもわかる袋帯についての説明

日本人を最も美しく見せてくれる伝統的な衣装の着物は、現在では日常生活の中で着る機会は極点に減っており、実際に着付けを自分では出来ないので、せっかく着物を持っていてもほとんど着ないというとてももったいない状態の人も少なくありません。着物はいろいろなものをそろえなければならず面倒なイメージがありますが、帯との組み合わせ方や、小物を変えることでおなじ着物でも全く違った着こなしが出来るという魅力があります。和装のときに大切なのが帯の存在ですが、帯にも着物と同様に切るシーンに合わせてふさわしい格というものがあります。中でも最も格式の高い袋帯は華やかで重厚間があり、大切な人生の節目などを彩るシーンの着こなしに欠かすことの出来ない重要なアイテムです。

帯の中で最も格が上の袋帯の仕立て方の特徴

表の生地と裏の生地とが別れていて、二重太鼓を結べるだけの長さがあるのが袋おびの特徴です。その中でも丸帯と呼ばれるのが表地と裏地が一枚の生地で織られているものを半分に折って仕立てるものです。この帯はとても重さがあり舞妓さんや花嫁さんがしめるときに使う帯として使われています。しっかりとした帯芯が入っていてかなりの重さがあり、昔は重いほどに良い帯だといわれたのですが、現在は帯芯を抜き取って仕立て直して使用するという人も増えています。本おびというのは洒落帯とも呼ばれ、表地と裏地が筒状に織られているのが特徴です。帯の格式では最も高いのが袋おびで、一昔前は筒状で織られたものを仕立てるのが一般的でしたが、現在では表地と裏地が分かれたタイプのものが最も多く使用されるようになっています。

袋帯が使われるシーンと柄の特徴

帯の中で最も格式が高いのが袋おびで本来は礼装用として金糸銀糸などを使って豪華に織り上げられたものをフォーマルな席での正装に着用するものとされていました。今でも袋おびが格としては一番上なのですが、現在は軽めの柄のものなどもあり、普段着やおしゃれ着に結ぶ使い方をすることもあります。二重太鼓を結ぶことの出来るたっぷりとした長さがあるのが特徴で、幅が約31センチ、長さはおよそ4m30cm以上あります。一般的には帯の模様は表側にだけあって裏は無地のことが多いのですが、成人式などで使用するときに凝った変わり結びをする際に無地の部分が出てしまわないようにと裏側にも少し柄のある帯が増えてきました。帯の表の模様の出し方によって全通柄、六通柄、お太鼓柄などに分かれています。

仕立上がり品以外は、原則、未仕立ての状態でお届け致します。 京都にお越しの際はお気軽にお寄りください! お客様へのメッセージ、当方は365日無休で着物のお手入れサービスを行っており、お急ぎのお手入れにも対応しておりますので、ぜひご利用ください。 季節に応じたコーディネートの特集や、在庫処分コーナーなどのイベントも常時開催中なので是非チェックしてみて下さい。あなたの気に入る袋帯を見つけよう