長持ちする袋帯の基本のお手入れ

袋帯は現在、着物を着る機会がある方にとって必要なアイテムです。表地と裏地、別々の生地を縫って袋状に仕立てられた帯を指しており、軽くて締めやすいメリットがあります。元々は「丸帯」と呼ばれる帯が主流でしたが、丸帯は表地も裏地も同じ生地で作られているために帯が全体的に厚くなってしまう特徴があります。そのため重くて締めづらいデメリットを持っています。これは丸帯の生地が同じ生地であるため、帯の倍の幅の生地を二つ折りにして片側を縫わなければならないために出来てしまう厚みと重みです。それに加えて高級品としてのコストもあるため、いつしか主流となる帯の立場が変わっていったというわけです。一般的には礼装用の帯が多いですが、訪問用や普段着用等もあります。そんな帯の手入れの方法は基本的に他の小物や着物を保管する作業とともに行なわれます。

まずはすぐに脱いでハンガーにかけること、それがスタート

まず着物を脱ぐことになったら、帯は体温が残っているうちにハンガーにかけます。この時の注意事項はシワを伸ばす事です。シワを伸ばして取り除く事は着物でなくとも衣服の基本と言えます。なのでハンガーにかける直前で帯をたたくようにしてシワを伸ばしておく事が長持ちさせるコツです。それからは生地に含まれた湿気も取り除かなくてはならないので数時間から半日ほど陰干しします。陰干しする場所は風通しの良い場所が理想的です。この間に帯にシミや汚れがないかチェックします。もしも帯が汚れていたなら、専門店でのお手入れをおすすめします。自分でケアしたら逆に傷つけてしまう可能性があるからです。特に箔を用いた袋帯は間違った手入れをしてしまうと変色してしまう事があるので要注意です。

たたみ方や保管の方法にも気をつけて

手入れが一通り済んだら、いよいよ保管の作業に移ります。この保管の作業にも袋帯を長持ちさせるコツがあるので気をつけなくてはなりません。まずはたたみ方ですが、これは簡単です。生地を表にして二つ折りにし、さらに二つに折りたたむだけです。ただし刺繍や箔を傷つけないようにしなければならないので折り目に気をつけましょう。この時に折った部分に綿などを挟んでおけば折り目が目立つことはありません。帯を折ったら和紙で表面を包み、箪笥や衣装ケースに戻します。この時の注意事項は保管する場所は湿気が少なく、風通しの良い場所である事です。さらに付け加えると防虫剤を使用するなら着物に触れないようにし、一種類だけにましょう。直接着物に触れたり、別々の種類を入れた場合、変色の原因になるからです。